保険には、貯蓄性のある積立保険と、保険料が安価な掛け捨て保険がありますね。初めて保険に加入しようとした場合には、一体どちらの保険に加入した方がトクなのか迷われる方も多いはず。それでは、積立保険と掛け捨て保険、どちらがおトクな保険になっているのでしょう。まず、積立保険とはいっても、こちらの保険は決められた保障内容と一定額の満期保険金や解約返戻金が設定されています。一方の掛け捨て保険であるなら、決められた保障内容は同じとは言え、満期を迎えても戻ってくるお金は約束されていません。つまり、それまでに支払った保険料は一切戻ってこない仕組みになっていますが、その代わりに保険料が安くなっているのです。それでは、どちらが良いのでしょうか。それは今の自分のライフプランで判断するしかないのですが、貯蓄性を保険に求めるのかどうかがひとつのポイントになります。保険の第一の目的は万一に備えての保障ですので、その点さえクリアしている保険であれば、積立でも掛け捨てでもどちらでも良いでしょう。経済的に苦しければ月々支払う保険料が安い掛け捨てを選択する事になりますが、もし、余裕がある場合でも保険は掛け捨てにして、余裕のある資金を他の投資商品(絶対損しないとか、確実に儲かるなんていうものには注意が必要ですね)に回す方法もあります。個人で貯蓄するのが苦手だという人や面倒な方ならば、積立保険を活用する事で将来の貯蓄も実現できます。保険会社によっても、同じ保障で積立と掛け捨ての両方の商品を用意している場合もありますので、比較をしてみると面白いですねー